土浦セントラルシネマズ
茨城県土浦市川口1-11-5
TEL:029-821-1554
枠

※上映時間・上映シネマは予告なく変更する場合がございます。
あらかじめお電話にてご確認下さい。

2019.5.7〜
そらのレストラン

「しあわせのパン」「ぶどうのなみだ」に続く、大泉洋主演の北海道を舞台に描いたヒューマンドラマシリーズ第3弾。北海道せたな町の海が見える牧場で、牛を飼いながらチーズ工房を営む亘理は、妻のこと絵、娘の潮莉の家族3人、そして気の合う仲間たちと助け合いながら、幸せに暮らしていた。さらに東京からやって来た牧羊を営む神戸も加わって、それぞれが生産する食材を持ち寄っては、食材のおいしさを楽しんでいた。そんな彼らの食材を目当てに、ある日札幌から有名レストランのシェフがやって来る。彼の調理により、食材がさらにおいしくなることに感動した亘理は、この味をもっと多くの人たちに知ってほしいと、仲間とともに1日だけのレストランをオープンさせることを思いつく。大泉が主人公・亘理役を演じるほか、本上まなみ、岡田将生、マキタスポーツ、小日向文世らが脇を固める。監督は「神様のカルテ」シリーズの深川栄洋。
【公式】https://sorares-movie.jp/

2019.2.22〜
アリータ:バトル・エンジェル

木城ゆきとによる日本のSF漫画「銃夢(ガンム)」を、同作の映画化を長年にわたり熱望していたジェームズ・キャメロンの脚本・製作により、ハリウッドで実写映画化したアクション大作。監督は「シン・シティ」のロバート・ロドリゲス。主人公アリータ役は「メイズ・ランナー」シリーズのローサ・サラザールが務め、いずれもオスカー俳優であるクリストフ・ワルツ、ジェニファー・コネリー、マーシャハラ・アリが共演。数百年後の未来。スクラップの山の中から奇跡的に脳だけが無傷の状態で発見されたサイボーグの少女アリータは、サイバー医師のイド博士によって新たな体を与えられ、目を覚ます。しかし彼女は、自分の過去や今いる世界についてなど、一切の記憶が失われていた。やがてアリータは、自分が300年前に失われたはずの最終兵器として作られたことを知り、そんな兵器としての彼女を破壊するため、次々と凶悪な殺人サイボーグが送り込まれてくる。アリータは、あどけない少女の外見とは裏腹の驚異的な格闘スキルをもって、迫り来る敵たちを圧倒していくが……。
【公式】http://www.foxmovies-jp.com/alitabattleangel/

2019.1.26〜
泣き虫しょったんの奇跡

「青い春」「ナイン・ソウルズ」「I'M FLASH!」などでタッグを組んできた豊田利晃監督と松田龍平が、棋士・瀬川晶司五段の自伝的小説「泣き虫しょったんの奇跡」を映画化。おとなしくて何の取り柄もなかった「しょったん」こと瀬川晶司は、将棋で初めて周囲から認められたことをきっかけに棋士の道を目指す。ライバルや師匠との出会いを経て着々と実力をつけた彼は、プロ棋士の登竜門である奨励会に入会。しかし「26歳までに四段昇格できなければ退会」という規定へのプレッシャーに負け、退会を余儀なくされてしまう。大きな挫折を味わい絶望に打ちひしがれる晶司だったが、将棋を愛する気持ちや仲間たちに支えられ、再びプロ棋士を目指すべく立ち上がる。松田が主人公の瀬川晶司を演じ、共演にも永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子ら豪華キャストが集結。

2018.12.15〜
日日是好日

エッセイスト森下典子が約25年にわたり通った茶道教室での日々をつづり人気を集めたエッセイ「日日是好日 『お茶』が教えてくれた15のしあわせ」を、黒木華主演、樹木希林、多部未華子の共演で映画化。「本当にやりたいこと」を見つけられず大学生活を送っていた20歳の典子は、タダモノではないと噂の「武田のおばさん」が茶道教室の先生であることを聞かされる。母からお茶を習うことを勧められた典子は気のない返事をしていたが、お茶を習うことに乗り気になったいとこの美智子に誘われるがまま、流されるように茶道教室に通い出す。見たことも聞いたこともない「決まりごと」だらけのお茶の世界に触れた典子は、それから20数年にわたり武田先生の下に通うこととなり、就職、失恋、大切な人の死などを経験し、お茶や人生における大事なことに気がついていく。主人公の典子役を黒木、いとこの美智子役を多部がそれぞれ演じ、本作公開前の2018年9月に他界した樹木が武田先生役を演じた。監督は「さよなら渓谷」「まほろ駅前多田便利軒」などの大森立嗣。
【公式】https://www.nichinichimovie.jp/

2018.11.24〜
ONLY SILVER FISH WATER TANK OF MARY'S ROOM

2007年に初演され、18年1月にも再演された舞台「ONLY SILVER FISH」の映画版。「古い屋敷の水槽の中にオンリーシルバーフィッシュという魚がいて、その魚の本当の名が分かれば過去を振り返ることができる」という舞台版の設定だけをそのままに、登場人物も全く異なる別のストーリーが展開し、18年の舞台版と同じキャスト陣がそれぞれ別のキャラクターを演じる。とある洋館に集められた男女。彼らの目的は、本当の名を呼ぶことで過去を振り返ることができる「オンリーシルバーフィッシュ」という一匹の魚だった。しかし魚の本当の名を知ることができるのは、招待状にのっとり行われるゲームの勝者1人だけ。最初のゲームは、全員で一斉に指をさして脱落者を1人決めるというもの。黒ネクタイの男はユキが誰を指そうと考えるのかを言い当て、負けるはずだったユキを救う。その後も彼はユキを脱落させないため、誰にも気づかれぬようヒントを与えていくが……。舞台版も手がけた演出家・西田大輔がメガホンをとる。

2018.11.9〜
ボヘミアン・ラプソディ

世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。クイーンの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。「ナイト ミュージアム」のラミ・マレックがフレディを熱演し、フレディの恋人メアリー・オースティンを「シング・ストリート 未来へのうた」のルーシー・ボーイントンが演じる。監督は「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガー。

2018.10.20〜
single mom 優しい家族

娘のエミリーと2人で暮らすシングルマザーの空愛実は、なかなか仕事も見つからず、貯金を切り崩しながらの、けっして楽ではない毎日に疲弊していた。愛実の母・実幸も愛実と同じシングルマザーだった。母との衝突、そして母からの暴力。愛実は不安な現実を前に、かつて自分が母からされたように我を忘れて娘を怒鳴り散らしてしまう。最後の頼みの綱である町役所に相談に行った愛実はシングルマザーの職員・犬塚優子と出会う。そして娘のエミリーもまた、人と関わることを拒絶して生きてきたミニカー職人の大西鉄二に出会う。さまざまな人との出会いが、愛実たち親子を少しずつ変えていく。
北海道ニセコ町を舞台に、シングルマザーとその子どもたちの現実を、実話に基づいたエピソードをもとに描いた内山理名主演作。内山が主人公・愛実を演じるほか、木村祐一、石野真子らが顔をそろえる。監督はマツモトキヨシの創業家に生まれ、本作が初長編監督となる元衆院議員の松本和巳。

2018.7.21〜
墨の魔術師

貧しい暮らしの中、養母の愛に包まれ、書に生きがいを見だした少年。墨の表現に没頭し、やがて書道界で知らぬ者がいない存在となるが、一人の少女との出会い墨の新たな狂気が芽生える。それは養母の鎮魂の意味を持っていた――。
映画「天と地と」「蒼き狼」「椿三十郎」の題字を手がけた書道界の鬼才 金田石城 初作品!映画の原作は金田石城が自らの半生もモデルに、小説を書き下した。脚本、監督、主演も務める。少女役は女優の青木梨乃。出演者に金田石城の書道の弟子でもある片岡鶴太郎の他、紫吹淳など。

2018.9
明日にかける橋 1989年の想い出

「向日葵の丘 1983年・夏」「朝日のあたる家」の太田隆文監督が、日本最大級の規模を誇る静岡県の袋井花火大会を舞台に、バブル最盛期にタイムスリップして家族の幸せを取り戻すべく奔走する女性を描いたヒューマンドラマ。「花とアリス」の鈴木杏が主演を務める。田舎町で暮らす30代のOL・みゆき。彼女の家族は弟の健太が交通事故で他界したことをきっかけに崩壊し、現在はみゆきが両親を支えて働く日々を送っていた。2010年の夏のある日、「夢がかなう」という明日橋を渡ったみゆきは、弟が死んだ1989年にタイムスリップしてしまう。若き日の両親や元気な弟、そしてかつての自分自身に会ったみゆきは、この時代で弟を救えば未来の家族を幸せにできるかもしれないと考えるが、その先には様々な困難が待ち受けていた。

2018.9.14〜
ザ・プレデター

少年は、呼び寄せてしまった―。意味深なテロップが印象的な予告編は、ひとりの少年が家に届いた箱を開けるところから始まる。遊んでいるうちに作動してしまう、見知らぬ装置。それが、宇宙で最も危険なハンターを呼び寄せるシグナルとも知らずに……。

10年前、人類が遭遇した異星人“プレデター”は圧倒的キル・スキルと、侍を彷彿とさせる武士道を持ち合わせた超好戦的ハンター。異種交配(ハイブリット)した結果、遺伝子レベルで進化を遂げた最強の戦闘種族として再び人類の前に姿を現す。

本作でメガホンを握ったのは、1987年公開の第1作『プレデター』で特殊部隊の隊員・ホーキンスとして出演していたシェーン・ブラックだ。最強プレデターと対峙するのは、『ルーム』で、注目を集めた天才子役のジェイコブ・トレンブレイ。さらに『LOGAN/ローガン』でのヒール役が記憶に新しいボイド・ホルブルック、『X-MEN:アポカリプス』サイロック役のオリヴィア・マンなど、実力派キャストが集結している。

2018.7.20〜
シェイプ・オブ・ウォーター

1962年、米ソ冷戦時代のアメリカで、政府の極秘研究所の清掃員として働く孤独なイライザ(サリー・ホーキンス)は、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と共に秘密の実験を目撃する。アマゾンで崇められていたという、人間ではない“彼”の特異な姿に心惹(ひ)かれた彼女は、こっそり“彼”に会いにいくようになる。ところが“彼”は、もうすぐ実験の犠牲になることが決まっており……。
『パンズ・ラビリンス』などのギレルモ・デル・トロ監督が異種間の愛を描き、第74回ベネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたファンタジー。米ソ冷戦下のアメリカを舞台に、声を出せない女性が不思議な生き物と心を通わせる。『ハッピー・ゴー・ラッキー』などのサリー・ホーキンスが主演し、『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』などのオクタヴィア・スペンサー、『扉をたたく人』などのリチャード・ジェンキンス、『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』などのマイケル・シャノンらが共演。

2018.6.22/23/24・6/30〜
棘の中にある奇跡〜笠間の栗の木下家〜

渋谷有香は売れない女優。数年前に茨城県のケーブルテレビのレポーターの仕事で笠間市を紹介してから、毎年秋になると笠間の栗の収穫のアルバイトにやって来ている。いつもお世話になっている木下家。しかし今年は例年と違っていた。木下家のおじいちゃんが春に亡くなって、おばあちゃんの木下初恵が一人で有香を出迎えた。さらに謎の男、三島大樹が現れ、奇妙な三人の同居生活が始まるのだった。

「栗だって、実のまわりにたくさんイガがあるだろ?」「本当の自分って一番奥にあるもんなんだ。誰かが触ろうとすると痛いもんだ。だから、その男が尖れば尖るほど、よっぽど大切にしてるんだって事だ」栗の収穫をしながら、徐々に寄り添っていく三人の心。だが、初恵に起こる奇妙な出来事は、次第に有香と大樹の運命を変えていく―――
監督は「特命係長 只野仁 最後の劇場版」「ViVA!kappe」ドラマ「チーム・バチスタの栄光」「お義父さんと呼ばせて」等の植田尚。

2018.6.2〜
クジラの島の忘れもの

日本とベトナムの国交樹立45周年を記念して製作された、実話をベースに描いた純愛ドラマ。沖縄を舞台に日本人女性とベトナム人の青年の交流を描き、「雨にゆれる女」「悪魔」の大野いと、スティーブン・スピルバーグ監督の「レディ・プレイヤー1」に抜擢された森崎ウィンが共演した。幼い頃に震災で母を亡くした愛美は、母との思い出を求めて沖縄に移住する。そこで愛美が出会ったのが技能実習生として沖縄にやってきたベトナム人のコアだった。愛美とコアは次第に惹かれあっていくが、コアは自身の夢のためベトナムに帰国することになってしまい……。監督は本作が長編映画デビュー作となる映像作家の牧野裕二。

2018.6.1〜
デッドプール2

R指定ながら全世界で大ヒットを記録した異色のヒーロー映画「デッドプール」の続編。マーベルコミック「X-MEN」シリーズに登場するキャラクターで、人体実験により驚異的な治癒能力と不死の肉体を得るが、醜い身体に変えられてしまった元傭兵のウェイド・ウイルソン/デッドプールの活躍を描くアクションコメディ。最愛の恋人ヴァネッサを取り戻し、お気楽な日々を送るデッドプールの前に、未来からやってきたマシーン人間のケーブルが現れる。ヴァネッサの希望を受けて良い人間になることを決意したデッドプールは、ケーブルが命を狙う謎の力を秘めた少年を守るため、特殊能力をもったメンバーを集めたスペシャルチーム「エックス・フォース」を結成するが……。ケーブル役をジョシュ・ブローリンが演じ、モリーナ・バッカリン、ブリアナ・ヒルデブランド、T・J・ミラーら前作のキャストが続投。忽那汐里が新たに参加している。監督は「アトミック・ブロンド」のデビッド・リーチ。

2018.4.28〜
私は絶対許さない

15歳で性的集団暴行の被害に遭い、加害者の男たちへの復讐だけを胸に生きてきたという雪村葉子によるセンセーショナルな手記を、精神科医で「受験のシンデレラ」などを手がけた和田秀樹監督のメガホンで映画化。東北地方の田舎でごく普通に暮らしていた中学3年生の葉子。そんな彼女の平凡な日々が若い男達に無理やり輪姦されたことで崩壊する。ひょんなことから出会ったレイプ犯の1人の養父と援助交際の契約を交わした葉子は、地獄からの脱出、そして男たちへの復讐のためにひたすら金を貯め続ける。高校を卒業し、東京へと向かった葉子は全身整形を施し、昼間は真面目な学生、夜は学費や生活費を稼ぐために風俗で働くという生活をスタートさせるが……。グラビアなどで活躍する平塚千瑛が整形後の主人公・葉子役、NHK大河ドラマ「西郷どん」に出演の西川可奈子が学生時代の葉子役を演じてダブル主演を務めた。隆大介、佐野史郎、美保純、友川カズキらベテラン勢が脇を固める。

2018.3.30〜
レッド・スパロー

アカデミー賞女優のジェニファー・ローレンスが、「ハンガー・ゲーム」シリーズのフランシス・ローレンス監督と再タッグを組んだスパイアクション。元CIA局員という経歴を持つジェイソン・マシューズによる同名小説が原作で、捜査対象を美貌で誘惑する「スパロー」と呼ばれる女スパイの活躍を描く。事故でバレリーナになる道を絶たれたドミニカは、ロシア政府が極秘裏に組織した諜報機関の一員となり、自らの肉体を使った誘惑や心理操作などを駆使して情報を盗み出す女スパイ「スパロー」になるための訓練を受ける。やがて組織の中で頭角を現したドミニカは、ロシアの機密情報を探っていたCIA捜査官ナッシュに近づくというミッションを与えられる。接近したドミニカとナッシュは互いに惹かれあいながらも、それぞれのキャリアや忠誠心、国家の安全をかけてだまし合いを繰り広げていく。

2018.2.16〜
グレイテスト・ショーマン

「レ・ミゼラブル」でも華麗な歌声を披露したヒュー・ジャックマンの主演で、「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた19世紀アメリカの実在の興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル。劇中で歌われるミュージカルナンバーを、「ラ・ラ・ランド」も手がけたベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが担当した。貧しい家に生まれ育ち、幼なじみの名家の令嬢チャリティと結婚したフィニアス。妻子を幸せにするため努力と挑戦を重ねるフィニアスはやがて、さまざまな個性をもちながらも日陰に生きてきた人々を集めた誰も見たことがないショーを作り上げ、大きな成功をつかむ。しかし、そんな彼の進む先には大きな波乱が待ち受けていた。主人公P・T・バーナムことフィニアス・テイラー・バーナムをジャックマンが演じ、バーナムのビジネスパートナーとなるフィリップ・カーライル役を「ハイスクール・ミュージカル」「ヘアスプレー」のザック・エフロン、バーナムの妻チャリティを「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のミシェル・ウィリアムズが演じる。

2018.2.10〜
名前のない女たち うそつき女

中村淳彦によるノンフィクション書籍「名前のない女たち 貧困AV嬢の独白」をベースに、「ピンク四天王」の1人として知られるサトウトシキ監督がAV業界で生きる男女を描いた群像劇。「冷たい熱帯魚」の吹越満が主人公のルポライターを演じる。主にAV女優を専門に取材をしていたルポライターの志村篤。「人前で裸になってセックス売ってるだけの社会の底辺」とAV女優たちを内心ではバカにしつつも、彼女たちの前では「尊敬している」などとうそぶく。心の底では見下しているAV女優たちになぜ自分は執着するのかという矛盾を抱えながら、志村は取材を続けていた。そんな中で志村が出会った企画AV女優の前田葉菜子は、今まで出会った女優たちと何かが違っていた。一方で、高校を中退して時間をもてあましていた葉菜子の妹・明日香が葉菜子に会うために親に内緒で田舎から東京に出てきてしまう。

2018.5.5〜
ドリーム

1962年に米国人として初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレンの功績を影で支えた、NASAの3人の黒人系女性スタッフ、キャサリン・ジョンソン、ドロシー・ボーン、メアリー・ジャクソンの知られざる物語を描いたドラマ。ソ連とアメリカの宇宙開発競争が繰り広げられていた61年、米バージニア州ハンプトンにあるNASAのラングレー研究所に、ロケットの打ち上げに必要不可欠な計算を行う黒人女性グループがいた。なかでも天才的な数学の才能をもつキャサリンは、宇宙特別研究本部の計算係に抜てきされるが、白人男性ばかりのオフィス環境は、キャサリンにとって決して心地よいものではなかった。一方、ドロシーとメアリーもそれぞれ、黒人であるというだけで理不尽な境遇に立たされるが、それでも3人はひたむきに夢を追い続け、やがてNASAの歴史的な偉業に携わることとなる。キャサリン役で「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のタラジ・P・ヘンソンが主演し、ドロシー役を「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のオクタビア・スペンサー、メアリー役を「ムーンライト」などにも出演している歌手のジャネール・モネイが演じた。監督は「ヴィンセントが教えてくれたこと」のセオドア・メルフィ。ミュージシャンのファレル・ウィリアムスが製作と音楽を担当。

2018.1.5〜
キングスマン ゴールデン・サークル

世界的ヒットを記録したイギリス製スパイアクション「キングスマン」の続編。イギリスのスパイ機関キングスマンの拠点が、謎の組織ゴールデン・サークルの攻撃を受けて壊滅した。残されたのは、一流エージェントに成長したエグジーと教官兼メカ担当のマーリンのみ。2人は同盟関係にあるアメリカのスパイ機関ステイツマンに協力を求めるが、彼らは英国文化に強い影響を受けたキングスマンとは正反対の、コテコテにアメリカンなチームで……。主演のエガートンやマーリン役のマーク・ストロングら前作のキャストに加え、ステイツマンのメンバーにチャニング・テイタム、ジェフ・ブリッジス、ハル・ベリー、謎の組織ゴールデン・サークルのボスにジュリアン・ムーアら豪華キャストが新たに参加。さらに、前作で死んだと思われていたコリン・ファース扮するエグジーの師ハリーも再登場する。前作に続き、「キック・アス」のマシュー・ボーンがメガホンをとる。

2017.12.8〜
オリエント急行殺人事件

1974年にも映画化されたアガサ・クリスティの名作ミステリーをケネス・ブラナーの製作・監督・主演、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファーら豪華キャストの共演で新たに映画化。トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で、富豪ラチェットが刺殺された。教授、執事、伯爵、伯爵夫人、秘書、家庭教師、宣教師、未亡人、セールスマン、メイド、医者、公爵夫人という目的地以外は共通点のない乗客たちと車掌をあわせた13人が、殺人事件の容疑者となってしまう。そして、この列車に乗り合わせていた世界一の探偵エルキュール・ポアロは、列車内という動く密室で起こった事件の解決に挑む。主人公の名探偵ポアロ役をブラナー、事件の被害者ラチェット役をデップ、未亡人役をファイファーが演じるほか、教授役にウィレム・デフォー、家庭教師役にデイジー・リドリー、公爵夫人役にジュディ・デンチ、宣教師役にペネロペ・クルスが配されている。

2017.11予定
ゆらり

本作は、石川県の老舗旅館「赤木箱」を舞台に宿を営む家族や宿泊客など、「あの時、伝えられなかった想い」を抱える人々が時を超えて家族の絆を取り戻す姿を描いたヒューマン・ファンタジー。
齊藤工初監督『blank13』や深夜ドラマ『下北沢ダイハード』(テレビ東京)の脚本を手掛ける西条みつとし、自身の劇団TAIYO MAGIC FILMの代表作の映画化。
本作が劇場映画初監督となる横尾初喜が監督を務める。
“現在”のシーンでは老舗旅館「赤木箱」の女主人・泉凛香を岡野真也が演じ、“未来”のシーンでは凛香の娘でシングルマザーとして一人息子を育てる木下ゆかりを内山理名が演じる。

2017.10.14〜
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

高度な知能を得て反乱を起こした猿たちと人類の戦いを描く、人気SFシリーズの第3弾。猿のリーダーであるシーザーがその使命感と家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤する物語が描かれる。前2作に引き続き、アンディ・サーキスがシーザーを演じる。監督は『猿の惑星 新世紀(ライジング)』のマット・リーヴス。
高度な知能を得た猿と人類の全面戦争が勃発してから2年後。シーザー(アンディ・サーキス)率いる猿の群れは森の奥深くに身を潜めていたが、ある夜奇襲を受け、シーザーの妻と年長の息子が落命。敵の軍隊を統率する大佐(ウディ・ハレルソン)への憎しみから、シーザーは仲間たちを新たな隠れ場所に向かわせ、穏やかなオランウータンのモーリス(カリン・コノヴァル)やシーザーの片腕的な存在のロケット(テリー・ノタリー)らを伴い復讐の旅に出る。道中、口のきけない人間の少女ノバ(アミア・ミラー)や動物園出身の奇妙なチンパンジー、バッド・エイプ(スティーヴ・ザーン)を加え、大佐のアジトである巨大な要塞にたどり着いた一行。しかし復讐心に燃えいつもの冷静な判断力を失ったシーザーは、執拗に彼を狙う大佐に捕獲されてしまう。そこで新天地に向かったはずの仲間たちがこの刑務所のごとき施設に監禁され過酷な重労働を課せられていることを知り、責任を痛感したシーザーは大切な仲間を希望の地へと導くため、命がけの行動に出る。

2017.9.30〜
レミングスの夏

「襲名犯」で、第59回江戸川乱歩賞を受賞した小説家・竹吉優輔(取手市在住)受賞後第一作め「レミングスの夏」を映画化。監督は、青春映画で定評のある五藤利弘監督。取手市を中心とした茨城県南を舞台にした少年群像。
僕たちは、あの夏から出られない――。人生を賭けた少年たちの計画が、変わりゆく街と許されざる罪に鉄槌を下す。少年たちのひと夏。青春と断罪のミステリー!
「レミングは自殺しない。集団で移動して、海や川を渡るんだ。必死で……新天地に向かうために」
計画の先に辿り着く。必ず、全員で――。誰の心にもある、中学時代の甘く、苦く、切ない思い出。
80年代生まれの新鋭が綴るどこか懐かしい筆致が、あなたの心の奥をノックします。

2017.9.15〜
エイリアン コヴェナント

リドリー・スコット監督が自身の傑作SF「エイリアン」の前日譚を描いた「プロメテウス」の続編。新たな主人公となる女性ダニエルズを、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」で注目されたキャサリン・ウォーターストンが演じ、「プロメテウス」でアンドロイドのデヴィッド役を演じたマイケル・ファスベンダーが続投。前作に続いてスコット監督がメガホンをとった。滅びゆく地球から脱出し、人類移住計画を託された宇宙船コヴェナント号には、カップルで構成された乗組員が搭乗していた。やがて人類の新たな楽園となるであろう未知の惑星にたどり着いたコヴェナント号だったが、そこには想像を絶する脅威が存在していた。その恐怖を目の当たりにした乗組員たちは、命からがら星からの脱出を試みるのだが……。

2017.9.9〜
桃とキジ

桃太郎ゆかりの岡山県を舞台に、桃太郎の物語や伝説をモチーフに描いたハートウォーミングストーリー。幼い頃にお遊戯会で桃太郎を演じたことをきっかけに女優を志すようになった主人公の女性が、久しぶりの帰郷で家族や地元の友人との絆を見つめ直していく姿を描く。保育園のお遊戯会で同級生の男の子を従えて桃太郎を演じ上げた小島桃は、やがて演劇に目覚め、女優を志して18歳で上京する。しかし厳しい世界でなかなか芽が出ず、応援してくれていた父も他界してしまう。26歳になった桃は、実家の母がひとりで切り盛りしていた帽子店をたたむことを考えていると知り、慌てて実家に戻る。そこで桃は、保育園のお遊戯会でキジ、サル、イヌを演じた幼なじみの男たちと再会するが……。劇中には倉敷美観地区や吉備津神社、鬼ノ城など岡山県の名所が多数登場。

2017.8.12〜
いのちあるかぎり 木田俊之物語

全身の筋力が次第に低下していく筋ジストロフィーという難病を抱えながらも、車いすで歌い続けている歌手・木田俊之の半生を描いたドラマ。1957年、青森県に生まれた木田は、上京後、左官などの仕事をしながら趣味で音楽活動を続けていた。そして82年、妻となる智恵子と出会い結婚。子どもも生まれて幸せな日々を送っていたが、ある時「筋ジストロフィー」を発病する。一時は自暴自棄にもなった木田だったが、智恵子の支えや歌仲間との交流を通じ、難病と戦いながら紅白歌合戦への出場を夢みて歌い続ける。

2017.6.10〜
めがみさま

松井玲奈と新川優愛のダブル主演で、人生に絶望した女性の日常が自分と似たセラピストに傾倒し、変化していく様を描いたドラマ。松井の映画初主演作「gift」を手がけた宮岡太郎監督がメガホンをとり、筒井真理子、尾美としのりといったベテラン俳優が共演した。

母の過干渉や職場でのいじめなど、田舎町の閉塞的な人生に絶望し、精神安定剤が手放せない佐倉理華は、ネットで自分と似た環境を克服した「ラブ」というセラピストの存在を知り、感銘を受ける。家を出てラブの自己啓発セミナーを手伝うようになった理華は、自分と同じようにラブによって自分らしさを取り戻し、救われた人々との交流を通し、次第に日常を輝かせていく。しかし、ある事件をきっかけにラブと理華の間に不協和音が生じはじめ、理華はある決断を下すことになるが……。

2017.6.1〜
ローガン

本作の舞台設定は2024年メキシコ国境付近。治癒能力が弱まったローガン(ウルヴァリン)とアルツハイマーを患い記憶が薄れていってしまうプロフェッサー・チャールズ・エグゼビアが人目を忍ぶようにひっそりと生活していました。

二人でナサニエル・エセックス率いる組織と戦って世界を破滅から救わなければなりません。

ある日、ナサニエル・エセックス率いる闇の組織に追われる若いミュータントが二人のもとに現れます。彼女はローガンのクローンだという少女ラウラ・キニー。彼らはナサエニルに打ち勝つことができるのか。そしてローガンの行く末やいかに
「X-MEN」シリーズを代表するキャラクターで、ヒュー・ジャックマンが演じるウルヴァリン/ローガンを主役に描く「ウルヴァリン」シリーズ第3作。不死身の治癒能力が失われつつあり、生身の人間ローガンに戻ろうとしているウルヴァリンが、絶滅の危機にあるミュータントの唯一の希望となる少女を守るため、命をかけた壮絶な最後の戦いに身を投じる。監督は、シリーズ前作「ウルヴァリン:SAMURAI」も手がけたジェームズ・マンゴールド。プロフェッサーX役のパトリック・スチュワート、物語の鍵を握る少女役の新星ダフネ・キーンが共演。



2017.4.22〜
レミニセンティア

ロシア製SF映画に魅せられた日本人監督が、ロシアに渡り自主制作で完成させたSF映画。ロシアのとある街で娘と暮らす小説家のミハエル。人の記憶を消す特殊能力を持つミハエルのもとには、記憶を消したい人たちが訪れ、ミハエルは人びとの記憶を元に小説を書いていた。ある日、ミハエルは娘との思い出の一部がないことに気がつき、記憶が思い出せない事実に悩み苦しんでいた。そんな中、ミハエルが出会ったのが、記憶を呼び起こす特殊な能力を持つマリアだった。そして、ミハエルはマリアにある取引を持ちかける。監督はアレクサンドル・ソクーロフ監督「太陽」のほか、数多くのメイキング監督を務め、本作が初の長編監督作となる井上雅貴。井上のオリジナル脚本を全編ロシアで撮影を敢行し、完成させた。

2017.2.18〜
この世界の片隅に

昭和19年、故郷の広島市江波から20キロ離れた呉に18歳で嫁いできた女性すずは、戦争によって様々なものが欠乏する中で、家族の毎日の食卓を作るために工夫を凝らしていた。しかし戦争が進むにつれ、日本海軍の拠点である呉は空襲の標的となり、すずの身近なものも次々と失われていく。それでもなお、前を向いて日々の暮らしを営み続けるすずだったが……。能年玲奈から改名したのんが主人公すず役でアニメ映画の声優初挑戦を果たした。
第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したこうの史代の同名コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督がアニメ映画化。第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロインと、彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描く。

※2017年11月12日より、一般発売用ブルーレイディスク・DVDの為に細かな作画や彩色など一部修正した内容での上映となります。

2017.3.3〜
アサシン クリード

 記憶をなくした死刑囚、カラム・リンチ(マイケル・ファスベンダー)は、遺伝子操作によってDNAに眠る記憶を呼び覚まされ、祖先の記憶を追体験させられることになる。カラムは自分の祖先が、ルネサンス期のスペインでテンプル騎士団に立ち向かうアサシン教団の伝説のアサシンだったことを知る。また彼の先祖は禁じられた秘宝“エデンの果実”のありかを知る歴史上最後の人物でもあった。
全世界でシリーズ累計9600万本以上を売り上げた世界的に有名なゲームと世界観は共有しているものの、主人公などキャラクターは異なり、新しいストーリーで描く。主人公のカラム・リンチと彼の先祖を演じるのは、『スティーブ・ジョブズ』で第88回アカデミー賞主演男優賞候補にもなり、「世界で最も美しい顔」の一位に輝いたこともある、セクシーなルックスで大人気の俳優、マイケル・ファスベンダー。第80回アカデミー賞主演女優賞を受賞し、フランス芸術文化勲章も受賞したマリオン・コティヤールがソフィア・リキン役として本作を彩る。監督には『マクベス』でファスベンダーとコティヤールを起用し、注目を浴びたオーストラリア出身のジャスティン・カーゼル。

2017.2.3〜
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」のティム・バートン監督が、ランサム・リグズによる全米ベストセラー小説「ハヤブサが守る家」を映画化し、人とは異なる奇妙な能力を持った子どもたちが織りなす物語を描いたミステリアスファンタジー。周囲になじめない孤独な少年ジェイクは、唯一の理解者だった祖父の遺言に従い、森の奥にある古めかしい屋敷を見つける。そこには、美しくも厳格な女性ミス・ペレグリンの保護のもと、空中浮遊能力を持つ少女や透明人間の男の子、常に無口な双子といった、奇妙な子どもたちが暮らしていた。主人公ジェイク役は「ヒューゴの不思議な発明」で知られるエイサ・バターフィールド、ミス・ペレグリン役は「007 カジノ・ロワイヤル」「ダーク・シャドウ」のエバ・グリーンが務めている。

2017.1
健さん

2014年に他界した名優・高倉健を題材にしたドキュメンタリー。外国映画へも積極的に出演した故人の俳優としての在り方に焦点を当て、プライベートのエピソードなども交えながら、新たな高倉健像を描き出す。「ブラック・レイン」で共演したマイケル・ダグラスが撮影当時の様子を初めて明かすほか、同作の撮影監督を務めたヤン・デ・ボン、「ザ・ヤクザ」の脚本を手がけたポール・シュレイダー、高倉健の大ファンを公言するジョン・ウーら、世界的な映画人たちが高倉の魅力を語り、約40年にわたって付き人をつとめた西村泰治氏が貴重なプライベートの姿を紹介。監督は、ニューヨークを拠点に写真家・ドキュメンタリー作家として活躍する日比遊一。

枠